top of page

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)

皮膚再生・老化研究室(佐田研)へようこそ!

IMG_4171_edited.jpg

人生100年時代を健やかに生きる社会の実現を目指して

〜幹細胞生物学の視点から皮膚再生・老化の本質に迫る〜

幹細胞は、生涯にわたって自分自身を維持しながら、分化細胞を作り出す能力を持つ特別な細胞です。このような細胞が、私たちの体の中の色々な場所に存在するので、古い細胞が失われても、日々新しい細胞を作り出すことができます。一方、幹細胞は高い増殖能を持ち、かつ組織の中で最も大元となる細胞なので、これに異常が現れると、組織は正常に機能することができなくなり、がんや老化、各種疾患を引き起こす原因ともなります。このような加齢に伴う幹細胞の機能低下は、幹細胞の老化(ステムセルエイジング)と呼ばれ、老化の原因の一つとして提唱されています。

 

私たちの研究では、皮膚幹細胞をモデルとし、臓器再生と老化のメカニズムを探ります。将来的には、私たちの研究室で生まれた新しい知見が再生医療への応用や、ウェルビーイングの実現へと繋がっていく日を夢見ています。

 

幹細胞の研究分野は、新しい概念や最先端技術が日々更新され、幅広い興味の方が楽しんで研究に取り組める環境であると思います。佐田研究室は、遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、代謝、炎症、エピゲノムなどなど・・・、異分野の知識や技術を取り入れながら多角的に解析を行っています。Science without bordersを合言葉に、サイエンスを盛り上げていきましょう。

 

ポスドク、大学院生、募集中です。幹細胞や再生医療、老化、皮膚科学に興味のある人、研究が楽しい!と思う人、国際的な研究環境で学びたい人、ぜひ一緒に研究しませんか?オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

研究環境

佐田研が所属しているのは、国際先端医学研究機構(IRCMS)です。IRCMSは、幹細胞やがん、老化をテーマとした研究所で、「オープンラボ」のシステムを取り入れているユニークな組織です。オープンラボというのは、研究室間の壁をなくして、研究者同士が交流しやすくしたり、実験機器を共有化したりする仕組みです。IRCMSでは学生やポスドクの約半数は海外からの留学生で、国際的な環境の中研究ができるので、留学に興味がある方や英語の勉強をしたい方などにもおすすめです。

熊大は、ライフサイエンス分野の研究に伝統的に強く、アクティブに研究する環境が整っています。また基礎研究を楽しんでやるという雰囲気があるのもよいところです。熊本は、住む場所としてもとても魅力的だと思います。大学から熊本の中心部も近いですし、自然もあって、ご飯もおいしいので、熊本での生活を楽しんでいます。

IRCMSのウェブサイトはこちら

http://ircms.kumamoto-u.ac.jp

最新ニュース

MEETING

2023年1月30日

佐田がCross-disciplinary Conference 2023で、幹細胞ー微小環境を介した皮膚再生・老化の仕組みというタイトルで招待講演を行いました。活発な議論をありがとうございました。

LAB NEWS

2023年1月4日

新年あけましておめでとうございます。1月から客員研究員のAhmedがラボに加わりました。新メンバーでまた今年も頑張っていきましょう!

MEETING

2022年12月3日

JSID(日本研究皮膚科学会)@出島メッセ長崎で佐田が講演を行いました。来年はいよいよThe International Societies for Investigative Dermatology (ISID)も東京で開催されますので、楽しみですね。

MEETING

2022年12月1日

分子生物学会2022@幕張メッセに参加しました。佐田研からはNguyen、西川がポスター発表を、佐田がワークショップでの講演を行いました。今年の分生はとても盛り上がっていて楽しかったですね。私たちも研究がんばりましょう〜

MEETING

2022年11月12日

佐田がフランスのストラスブールで行われた日仏発生生物学会で招待講演と座長を行いました。ストラスブールは素敵な街で、フランスのサイエンス文化も感じられ、学びの多い会でした。特にアウトリーチ活動の一環として行われた科学とアートの融合作品であるビデオマッピングはユニークで創造的でした。

MEETING

2022年11月1日

埼玉県立春日部高校SSH事業の一環で佐田が高校生向けの講演を行いました。内容は難しかったかもしれませんが何か響くといいです。

LAB NEWS

2022年10月31日

エジプトからインターンシップ生のMaiさんがラボに加わりました。ウェルカムランチの後に、ラボメンバーでプリクラを撮影しました。

PUBLICATION

2022年10月24日

論文がでました。帰国して初めて取り組んだプロジェクトですが、苦戦しながらもようやく形になってよかったです。最後まで頑張ってくれたErna、Gopu、Lal、そして長年サポートくださった柳沢先生、共同研究者の皆様に感謝です。

Raja E, Changarathil G, Oinam L, Tsunezumi J, Ngo YX, Ishii R, Sasaki T, Imanaka-Yoshida K, Yanagisawa H*, Sada A*: The extracellular matrix fibulin 7 maintains epidermal stem cell heterogeneity during skin aging. EMBO Rep. e55478, 2022. 

https://doi.org/10.15252/embr.202255478

プレスリリース:表皮幹細胞を老化から守る仕組みの解明 ~皮膚の抗老化因子として細胞外マトリクスに期待~

https://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/seimei-sentankenkyu/20221024-2

bottom of page