熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)

​皮膚再生・老化研究室(佐田研)へようこそ!

佐田研究室では、皮膚再生・老化のメカニズム解明を基軸とし、3つの上皮組織(皮膚、口腔、眼)を用いた幹細胞研究を行っています。

遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、生体イメージング、代謝、種間比較、数理モデル・・・と、幅広い興味で、新しくて面白いことを発見すべく、日々楽しく研究しています。

 

ポスドク、大学院生、募集中です。幹細胞や再生医療、老化、皮膚科学、発生学に興味のある人、熊本の地で思う存分研究したい人、ぜひ一緒に研究しませんか?オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

研究内容

幹細胞ダイナミクス
独自に確立した表皮幹細胞のマーカーや解析ツールを用いて、幹細胞の挙動をin vivoで解析します。
皮膚科学
幹細胞老化
遺伝子改変マウス
幹細胞単離
再生医療
オミクス解析
糖鎖工学
Show More

研究環境

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)は、幹細胞、老化、がん研究をテーマとしたインターナショナルな研究所です。若手研究者を中心に、和気あいあいと、レベルの高い研究を目指し、切磋琢磨しています。​佐田研は、2019年10月に発足した新しい研究室です。

 

IRCMSのウェブサイトはこちら

http://ircms.kumamoto-u.ac.jp

熊大若手研究者たちの非公式Twitterアカウント、始動しました。日々の研究生活の様子や研究者あるある、お役立ち情報、熊本の魅力など、ゆるっと発信します。熊大はライフサイエンス系の研究が伝統的に強く、優れた研究環境のもと、のびのびとサイエンスを楽しめる雰囲気があります。

https://twitter.com/NextGenPIs

アイコン-3.png

最新ニュース

MEETING

2020年7月31日

留学デザインProgram「留学は十人十色: あなただけの留学の形、探してみませんか?」というテーマで、高校生を対象とした第二回オンラインワークショップ powered by 海外日本人研究者ネットワーク(UJA)、Cheiron-Initiativeを開催しました。

https://cheironinitiative.wixsite.com/ryugaku-design

FUNDING

2020年7月30日

挑戦的研究(萌芽)、糖鎖のプロジェクトで内定いただきました。まだ分からないことの多い挑戦的なプロジェクトなので、新しくて面白いことを見つけられるよう頑張っていきたいと思います。

​PUBLICATION

2020年7月21日

博士学生のLalが中心となって進めてくれた糖鎖のプロジェクトがついに論文になりました。皮膚幹細胞の老化プロセスで、一体糖鎖が何をしているのか?まだまだ分からないことだらけなので、研究をさらに前へ進めていければと思います!

Glycome profiling by lectin microarray reveals dynamic glycan alterations during epidermal stem cell aging, Oinam et al., Aging Cell, 2020

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/acel.13190

解説記事はこちら。皮膚が老化すると「幹細胞の顔」が変わる!~加齢に伴う皮膚幹細胞の糖鎖変化の解析に成功~

http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p202007211400.html

MEETING

2020年7月12日

VRとオンラインツールを駆使したオンライン学会JapanXR Science Forum 2020に参加してきました。親子科学教室などもあり、楽しかったです!新しい学会の形、人が交わる仕組みを再考する良い機会となりました。

https://www.japanxr-science-forum.org

MEETING

2020年7月9日

IRCMSのWIM (Weekly IRCMS Meeting) で熊本大学医学部3年生の基礎演習生が研究発表を行いました。佐田研にも学生さんが1名来てくれました(ありがとう!)。英語の発表でしたがレベルが高く、非常に頼もしく感じました。

MEDIA

2020年6月8日

NewsPicksの【論文PICKS】老化研究特集にて、皮膚幹細胞の老化に関する内容を取り上げていただきました。解説者自身の研究というよりは、分野における研究の知見を原著論文を交えて紹介するというスタイルは面白いし、信頼がおけるように思いました。基礎的な内容だったにも関わらず、基礎研究の面白さも含め、魅力的な記事を書いていただきありがとうございました。

https://newspicks.com/news/4966194/body/

MEDIA

2020年6月8日

WebマガジンKumadai Now 熊大なう にて紹介していただきました。

皮膚細胞の老化と再生の秘密はダイバーシティな幹細胞の世界にあり!

https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/20200608

MEETING

2020年6月5日

​幹細胞シンポジウム若手の会(つくしの会)on Zoomを開催しました。今年の幹細胞シンポジウム@熊本は延期となってしまいましたが、オンラインで国内外の若手研究者が集い、熱いディスカッションを交わせたことは意義が大きいと思います。大変な状況が続きますが、サイエンスを愛する研究者同士がつながり、乗り越えていければと思います。お集まりいただいた皆様、ありがとうございました!

OTHERS

2020年5月29日

留学デザインProgram第1回ワークショップを開催しました。本プログラムは、海外日本人研究者ネットワーク(UJA)/ケイロン・イニシアチブによる留学に興味のある高校生に向けたアウトリーチ活動です。

https://cheironinitiative.wixsite.com/ryugaku-design

熊本大学ロゴ.jpg
IRCMS.png
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • アイコン-3

熊本大学

国際先端医学研究機構(IRCMS)

​特任准教授

佐田亜衣子

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp

 

860-0811

熊本県熊本市中央区本荘2-2-1

Aiko Sada, Ph.D.

Associate Professor

International Research Center for Medical Sciences (IRCMS), Kumamoto University

 

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp


2-1-1 Honjo, Chuo-ku, Kumamoto City

860-0811, Japan

©︎2019, Sada Laboratory, IRCMS, Kumamoto University.  ©2010 kumamoto pref. kumamon. #K32035