熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)

​皮膚再生・老化研究室(佐田研)へようこそ!

佐田研究室では、皮膚再生・老化のメカニズム解明を基軸とし、3つの上皮組織(皮膚、口腔、眼)を用いた幹細胞研究を行っています。

遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、生体イメージング、代謝、種間比較、数理モデル・・・と、幅広い興味で、新しくて面白いことを発見すべく、日々楽しく研究しています。

 

ポスドク、大学院生、募集中です。幹細胞や再生医療、老化、皮膚科学、発生学に興味のある人、熊本の地で思う存分研究したい人、ぜひ一緒に研究しませんか?オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

研究内容

幹細胞ダイナミクス
独自に確立した表皮幹細胞のマーカーや解析ツールを用いて、幹細胞の挙動をin vivoで解析します。
皮膚科学
幹細胞老化
遺伝子改変マウス
幹細胞単離
再生医療
オミクス解析
糖鎖工学
Show More

研究環境

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)は、幹細胞、老化、がん研究をテーマとしたインターナショナルな研究所です。若手研究者を中心に、和気あいあいと、レベルの高い研究を目指し、切磋琢磨しています。​佐田研は、2019年10月に発足した新しい研究室です。

 

IRCMSのウェブサイトはこちら

http://ircms.kumamoto-u.ac.jp

熊大若手研究者たちの非公式Twitterアカウント、始動しました。日々の研究生活の様子や研究者あるある、お役立ち情報、熊本の魅力など、ゆるっと発信します。熊大はライフサイエンス系の研究が伝統的に強く、優れた研究環境のもと、のびのびとサイエンスを楽しめる雰囲気があります。

https://twitter.com/NextGenPIs

アイコン-3.png

最新ニュース

LAB NEWS

2020年4月1日

​4月より博士学生のYenさんとテクニシャンの慶田さんがラボに加わりました。新メンバーとともに、新年度がんばっていきたいと思います!

FUNDING

2020年4月1日

上皮幹細胞のコンパートメント形成機構の解明に関する研究が、科研費基盤Bに内定しました。生体イメージング、三次元培養、分子機構の解明の3つのアプローチで分担の先生方と一緒にプロジェクトを推進していきたいと思います。

LAB NEWS

2020年3月14日

研究者の家族を支援し、家族とともにイノベーションを推進することを目指すNPO法人ケイロン・イニシアチブのウェブサイトに「研究者と家族がともに幸せな人生選択をするには:ある若手研究者の悩みと決断」というタイトルで記事を投稿しました。

https://www.cheiron.jp/post/usa_a015

LAB NEWS

2020年2月28日

アカデミアの求人プラットフォームtayoに、大学院生募集に関する記事を投稿しました。必要な情報がまとまっていると思いますので、ぜひのぞいてみてください。

https://tayo.jp/#/studentRecruitments/12/show

LAB NEWS

2020年2月17日

佐田が令和元年度熊本大学女性研究者賞を受賞しました。研究者コミュニティにおいて、女性の活躍を阻む壁はまだまだ大きいですが、一人一人がハッピーに研究できる環境をつくるため、前進していきたいと思います。

PUBLICATION

2020年1月8日

ポスドク時代の共著が発表されました。コーネル大学Tumbar研究室の博士学生のSangjoがメインで進めた仕事で、佐田は新しい表皮幹細胞マーカーとしてAspm-CreERの同定に貢献しました。

Kang et al., Stem Cell Reports, 2019 in press

Histone H3 K4/9/27 trimethylation levels affect wound healing and stem cell dynamics in adult skin. 

MEETING

2019年12月19日

母校の静岡大学でセミナーをしてきました。静大は自分にとって研究者としての原点。お世話になった先生方、頼もしい静大の現役学生さん、新しくできたラボの先生方に会って話をできて、とても刺激になりました。

http://www.green.shizuoka.ac.jp/event00138.html

MEETING

2019年12月9日

第4回LLPS研究会・ASUKA若手交流会2019@奈良県立医科大学にて、佐田がポスター発表とショートトークを行いました。異分野の内容でしたが、高いレベルの研究が多く刺激を受けました。

MEETING

2019年12月3-6日

日本分子生物学会年会@福岡、第1日目午後のシンポジウム「Morphostasis: the crossroads between developmental and disease biology〜発生生物学と疾患研究のクロスロード〜」で、佐田が講演しました。皆様のご参加と活発なご議論をありがとうございました。分生、非常に楽しかったです。

熊本大学ロゴ.jpg
IRCMS.png
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • アイコン-3

熊本大学

国際先端医学研究機構(IRCMS)

​特任准教授

佐田亜衣子

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp

 

860-0811

熊本県熊本市中央区本荘2-2-1

Aiko Sada, Ph.D.

Associate Professor

International Research Center for Medical Sciences (IRCMS), Kumamoto University

 

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp


2-1-1 Honjo, Chuo-ku, Kumamoto City

860-0811, Japan

©︎2019, Sada Laboratory, IRCMS, Kumamoto University.  ©2010 kumamoto pref. kumamon. #K32035