top of page

九州大学 生体防御医学研究所

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)​

皮膚再生老化学研究室(佐田研)へようこそ!

IMG_6429_best_edited.jpg

人生100年時代を健やかに生きる社会の実現を目指して

〜ステムセルバイオロジーの視点から皮膚再生・老化の本質に迫る〜

組織幹細胞は臓器の再生や修復に働き、再生医療の優れた細胞ソースとして期待されています。近年では、組織幹細胞の機能低下や破綻が、がんや疾患、老化を引き起こす可能性も示唆され、基礎・応用の両面からの統合的理解が求められています。私たちは、皮膚をモデルとし組織幹細胞ダイナミクスの視点で臓器再生・老化機構の解明と制御に関する研究を行っています。​幹細胞不均一性の維持と破綻を左右する分子基盤を明らかにし、臓器の永続的な再生とレジリエンス維持を可能とするためのストラテジーを創出することを目指しています。

 

皮膚幹細胞の研究分野は、新しい概念や最先端技術が日々更新され、幅広い興味の方が楽しんで研究に取り組めると思います。佐田研究室は、遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、代謝、炎症、エピゲノムなどなど・・・、異分野の知識や技術を取り入れながら多角的に解析を行っています。Science without bordersを合言葉に、サイエンスを盛り上げていきましょう。

 

皮膚科学や老化、​再生医療、組織幹細胞に興味のある人、研究が楽しい!と思う人、国際的な研究環境で学びたい人、ぜひ一緒に研究しませんか?佐田研では学生やポスドクの半数以上が海外からの留学生で、国際的な環境の中研究ができるので、留学に興味がある方や英語の勉強をしたい方などにもおすすめです。オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

佐田は2023年に九州大学生体防御医学研究所(生医研)に着任しました。大学院生とテクニカルスタッフ(技術補佐員)を募集中です!生医研は、九大病院の馬出キャンパスにあります。博多の中心街や空港からのアクセスもよく、研究、生活共に素晴らしい環境だと思います。

研究テーマ

Skin Biology.jpg

老化プロジェクト

いつまでも若々しく、健やかに生きることは、人類の長年の願いです。私たちの研究では、ステムセルエイジング、そして皮膚老化が起こる原因を組織ー細胞ー分子レベルで理解することで、老化制御の新たなストラテジーの創出を目指します。

Tissue Engineering_cell.jpg

発生・再生プロジェクト

皮膚の発生・再生原理を理解し、in vitroで再構築することで、次世代皮膚再生医療へ向けた基盤を創出します

Glycobiology_edited.jpg

糖鎖プロジェクト

糖鎖は、DNA、タンパク質に次ぐ「第3の生命鎖」と呼ばれ、近年注目を集めています。レクチンを用いた糖鎖解析技術を用い、皮膚老化や幹細胞制御を糖鎖という新しい視点から解明していきます。

最新ニュース

LAB NEWS

2024年2月11日

日本研究皮膚科学会(JSID)きさらぎ塾@沖縄に佐田と石川が参加してきました。3日間、講演やポスター発表、グループディスカッション、レクレーションのモルックなど、盛りだくさんな内容。皮膚科医だけではなくPhDも参加でき、キャリアの早いうちから人脈が広がって皮膚科学研究を盛り上げる基盤になるし、ダイバーシティ推進や留学、キャリアの面からも話ができる貴重な機会だと思う。

LAB NEWS

2024年1月25日

佐田研が始まって初めてのポスドクのNguyenの送別会を行いました。とても寂しいですが、ラボメンバーみんなで思い出を語り、感謝の気持ちを述べました。ラボ設立当初は、色々なことが回っていなかったので、一からの立ち上げに苦労したと思います。彼女のおかげで、面白いプロジェクトを発展させることができ、ラボも大きくなりました。修士課程のときから日本で10年以上研究し、次はUniversity of Michiganへポスドクとして渡米します。今後のキャリアの発展と楽しい留学生活を応援しています。

LAB NEWS

2024年1月4日

2024年1月より武尾真さんが准教授として九大生医研の佐田研に加わりました。武尾さんは、皮膚幹細胞や再生に関わる研究に長年従事されてきました。ぜひ一緒に研究を盛り上げていきましょう!

LAB NEWS

2024年1月4日

新年明けましておめでとうございます。熊大メンバーは3月末に福岡へ引っ越して、4月からラボメンバー全員集合の予定です。引っ越しもあと一息がんばりましょう。

AWARD

2023年12月15日

佐田研のテクニシャンである慶田さんが、令和5年度医学教育等関係業務功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞しました。おめでとうございます!医学教育等関係業務功労者表彰は、臨床・研究教育業務に顕著な功労のあった方に贈られるものです。慶田さんは20年以上にわたり熊大で臨床検査技師および技術補佐員として勤務されています。ラボの立ち上げ時からお世話になりっぱなしで任せて安心、研究の骨の部分を支えてくれています。

MEETING

2023年12月6日

佐田、石川、Nguyenが神戸で行われた分子生物学会に参加しました。佐田はECMと老化のシンポジウムで、石川はポスター発表を行いました。キャリアパス委員としてランチョンセミナーで博士号の可能性と価値についてのパネルディスカッションも行い、中身の濃い学会になりました。

MEETING

2023年11月25日

認知症学会のシンポジウム糖鎖生物学が拓く老化・認知症研究の最前線で講演しました。 糖鎖の話や脳と皮膚の関係についてディスカッションでき、勉強になりました。

MEDIA

2023年11月15日

​平成記念研究助成採択者の広報活動の一環としてYouTube動画撮影を行いました。佐田は、皮膚の健康と老化を司る幹細胞のはたらきというタイトルで講演しました。https://youtu.be/pQ9Umc2lZ20?si=rmePh9oEt73aZcTp

bottom of page