熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)

​皮膚再生・老化研究室(佐田研)へようこそ!

佐田研究室では、皮膚再生・老化のメカニズム解明を基軸とし、3つの上皮組織(皮膚、口腔、眼)を用いた幹細胞研究を行っています。

幹細胞の研究分野は、新しい概念や最先端技術が日々更新され、幅広い興味の方が楽しんで研究に取り組める環境であると思います。私たちの研究室は、遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、代謝、炎症、エピゲノムなどなど・・・、異分野の知識や技術を取り入れながら多角的に解析を行っています。Science without bordersを合言葉に、サイエンスを盛り上げていきましょう!

 

ポスドク、大学院生、募集中です。幹細胞や再生医療、老化、皮膚科学に興味のある人、研究が楽しい!と思う人、国際的な研究環境で学びたい人、ぜひ一緒に研究しませんか?オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

研究環境

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)は、幹細胞、老化、がん研究をテーマとしたインターナショナルな研究所です。若手研究者を中心に、和気あいあいと、レベルの高い研究を目指し、切磋琢磨しています。​佐田研は、2019年10月に発足した新しい研究室です。

 

IRCMSのウェブサイトはこちら

http://ircms.kumamoto-u.ac.jp

熊本の生活

https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/kumamoto/

熊大若手研究者たちの非公式Twitterアカウント、始動しました。日々の研究生活の様子や研究者あるある、お役立ち情報、熊本の魅力など、ゆるっと発信します。熊大はライフサイエンス系の研究が伝統的に強く、優れた研究環境のもと、のびのびとサイエンスを楽しめる雰囲気があります。

https://twitter.com/NextGenPIs

最新ニュース

MEDIA

2021年7月17日

UJA(海外日本人研究者ネットワーク)にキャリア記事を書きました。

小さな成功体験を、少しずつ自信に変えて

https://note.com/uja_career/n/nc5002ce162d4

Lの発音ができなくてカフェラテが頼めなかったとか、ラボミーティングでいつも寝てたとか、しょうもないエピソードによって、みんなが安心するように笑。でも研究の楽しさも伝わるといいなぁと思い。UJAのnoteでは、多様なキャリア体験談が共有されていて、面白い記事が多いので、ぜひたくさんの人に読んでもらいたいです。

MEETING

2021年7月13日

医学部3年生の基礎演習発表会が終了しました。実験、プレゼン、質疑応答と、最後まで高いモチベーションでよく頑張りました。お疲れ様でした!

MEETING

2021年6月26日

​博士学生のYenがISSCRでポスター発表を、ポスドクのErnaが結合組織学会で口頭発表を行いました。佐田は、発生生物学会オンラインに参加しましたが、とても盛り上がって楽しかったです。有意義な議論をありがとうございました。

MEETING

2021年6月16日

東大の定量研学生交流会 研究・キャリアセミナーでお話しさせていただきました。たくさん質問も出て楽しかったです。留学やHFSPフェローシップ応募etc、相談や質問があればお気軽にご連絡ください。

AWARD

2021年5月25日

令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞の伝達式にて学長より表彰状を授与いただきました。受賞テーマは、「組織再生と老化を担う幹細胞ダイナミクスの研究」です。6月2日の学長記者懇談会にて研究紹介を行いました。

https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/news/2021/06/drsada-president.html

LAB NEWS

2021年5月24日

今年も医学部3年生の基礎演習が始まり、佐田研には太田さん、北嶋さんの2名が参加しています。良い学びの機会になるといいですね。

MEETING

2021年5月21-22日

幹細胞シンポジウムでYenがポスター発表を、佐田が招待講演を行いました。若手会(つくしの会)も盛り上がってよかったです。つくしの会のSlackを立ち上げましたので、興味のある方はご連絡ください。

​RECRUITMENT

2021年5月17日

大学院生向けの経済支援IRCMS fellowshipの募集が開始されました。締め切りは6/30です。ご興味のある方は連絡ください!今回は、2021年秋入学の方が対象ですが、半年後に2022年春入学の方向けの募集がでます。

https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/fellowship/

MEDIA

2021年5月17日

新しいPIがパンデミックの中でラボを立ち上げるという内容で、インタビューを受けた記事がNature career articleに掲載されました。
How new principal investigators tackled a tumultuous year
https://www.nature.com/articles/d41586-021-01311-5

MEETING

2021年5月15-16日

異分野融合ハッカソンイベントThe 2nd Scienc-ome XR Innovation Hub(SXR)が無事に終了しました。ハッカソンでは、チームメンバーの視点に気づきを得たり、他のチームのプレゼンに新鮮な驚きがあったり、学びのある会でした。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000057512.html