熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)

​皮膚再生・老化研究室(佐田研)へようこそ!

佐田研究室では、皮膚再生・老化のメカニズム解明を基軸とし、3つの上皮組織(皮膚、口腔、眼)を用いた幹細胞研究を行っています。

遺伝子改変マウスを用いたアプローチを得意としますが、糖鎖工学やバイオエンジニアリング、オミクス解析、生体イメージング、代謝、種間比較、数理モデル・・・と、幅広い興味で、新しくて面白いことを発見すべく、日々楽しく研究しています。

 

ポスドク、大学院生、募集中です。幹細胞や再生医療、老化、皮膚科学、発生学に興味のある人、熊本の地で思う存分研究したい人、ぜひ一緒に研究しませんか?オンライン研究室見学なども大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

研究内容

幹細胞ダイナミクス
独自に確立した表皮幹細胞のマーカーや解析ツールを用いて、幹細胞の挙動をin vivoで解析します。
皮膚科学
幹細胞老化
遺伝子改変マウス
幹細胞単離
再生医療
オミクス解析
糖鎖工学
Show More

研究環境

熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)は、幹細胞、老化、がん研究をテーマとしたインターナショナルな研究所です。若手研究者を中心に、和気あいあいと、レベルの高い研究を目指し、切磋琢磨しています。​佐田研は、2019年10月に発足した新しい研究室です。

 

IRCMSのウェブサイトはこちら

http://ircms.kumamoto-u.ac.jp

熊本の生活

https://ircms.kumamoto-u.ac.jp/kumamoto/

熊大若手研究者たちの非公式Twitterアカウント、始動しました。日々の研究生活の様子や研究者あるある、お役立ち情報、熊本の魅力など、ゆるっと発信します。熊大はライフサイエンス系の研究が伝統的に強く、優れた研究環境のもと、のびのびとサイエンスを楽しめる雰囲気があります。

https://twitter.com/NextGenPIs

最新ニュース

MEETING

2021年2月7-9日
​Interstellar Initiativeの第二回ワークショップへ参加しました。

https://www.nyas.org/events/2021/interstellar-initiative-february-2021/

FUNDING

2021年2月3日

内藤記念次世代育成支援研究助成金にご採択いただきました。3年間にわたるサポートで非常にありがたいです。引き続き頑張っていきたいと思います。

MEETING

2021年1月27-28日

​AMED-CREST/PRIME機能低下領域の領域会議に参加しました。仕事の論文化、がんばりたいと思います。

FUNDING

2021年1月19日

千里ライフサイエンス振興財団の2020年度岸本基金研究助成の授賞式に参加しました。オンラインでの開催でしたが、採択された同世代の研究者の話を聞くことができ刺激になりました。ありがとうございました。

MEETING

2020年12月21日

第3回循環器先進研究セミナーで佐田が「老化制御や再生医療の新たなステージに向けて:上皮幹細胞ダイナミクスから紐解く臓器再生と老化機構」というタイトルで招待講演を行いました。レベルの高い議論ができ、有意義な会でした。お声がけいただき、ありがとうございました。

PUBLICATION

2020年12月16日

眼の角膜、結膜にある上皮幹細胞に関する論文がDevelopmentに出ました。筑波大でメンターをしていた石井さんがファーストの論文で、本当に辛抱強くデータを取ってくれて、面白い仕事に仕上がったと思います。改めておめでとう!!

 

皮膚と似ているようで違う眼の幹細胞。組織を比較してみていくと、幹細胞の不思議に近づけるかなーと思いつつ、疑問はつきませんね。なんでコンパートメントになっているんだろう。

 

Defining compartmentalized stem cell populations with distinct cell division dynamics in the ocular surface epithelium

Ryutaro Ishii, Hiromi Yanagisawa, Aiko Sada

Development, 2020

https://dev.biologists.org/content/147/24/dev197590

MEETING

2020年12月16日

Japan - Singapore Skin Webinar Seriesが、2021年1月12日にスタートします。JSID会員の方は参加費無料。登録は以下からお願いします。

https://www.skinsoc.org.sg/jpsgwebinarseries.html

初回のスピーカーは、

Florent Ginhoux (SIgN) "Mapping the skin mononuclear phagocyte system" 

Yuumi Matsuoka-Nakamura (Osaka University) "The role of staphylococcal Agr quorum sensing in atopic dermatitis"

​の2名です。たくさんのご参加と活発な議論をお待ちしております!

FUNDING

2020年12月16日

上原記念生命科学財団の研究奨励金、東京生化学研究会の研究奨励金-Ⅱにご採択いただきました。今後ともがんばります。

MEETING

2020年12月4日

第43回日本分子生物学会年会の2日目のワークショップ【2AW-17】古典的分子生物学の終りとフェーズセパレーション・ワンダーランドにて講演を行いました。色んな視点からコメントやディスカッションしていただきありがとうございました。

熊本大学ロゴ.jpg
IRCMS.png
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • アイコン-3

熊本大学

国際先端医学研究機構(IRCMS)

​特任准教授

佐田亜衣子

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp

 

860-0811

熊本県熊本市中央区本荘2-2-1

Aiko Sada, Ph.D.

Associate Professor

International Research Center for Medical Sciences (IRCMS), Kumamoto University

 

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp


2-1-1 Honjo, Chuo-ku, Kumamoto City

860-0811, Japan

©︎2019, Sada Laboratory, IRCMS, Kumamoto University.  ©2010 kumamoto pref. kumamon. #K32035