• Aiko Sada

HFSPフェローシップ申請のコツ

海外でポスドクをする際には、自分で獲得したフェローシップがあると心強いですよね。


ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)のフェローシップは、国際的な知名度もあり、サポート期間も長いので、留学を考えている方にはオススメしたい制度です。


HFSPには、研究グラントもあります(私は出したことがないのですが・・・)。


HFSPは申請書が英語ですし、競争率も高いので、申請のハードルがちょっと高いでしょうか?


そんな人のために、AMEDの方々、研究者の先生方が、HFSPのフェローシップとグラントについて、非常に有用な情報をまとめてくださっています。

https://www.amed.go.jp/program/list/03/01/010.html


HFSPのフェローシップ獲得の方法とコツ。素晴らしいクオリティの解説記事です。

https://www.amed.go.jp/program/list/03/01/010_fellowmessage_02_00001.html


実験医学onlineで、HFSPのフェローシップとグラントについて非常に分かりやすく紹介してくださっています。

https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/hfsp/


佐田

熊本大学ロゴ.jpg
IRCMS.png
000008236.jpg
  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • アイコン-3

熊本大学

国際先端医学研究機構(IRCMS)

​特任准教授

佐田亜衣子

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp

 

860-0811

熊本県熊本市中央区本荘2-2-1

Aiko Sada, Ph.D.

Associate Professor

International Research Center for Medical Sciences (IRCMS), Kumamoto University

 

E-mail: aisada (at) kumamoto-u.ac.jp


2-1-1 Honjo, Chuo-ku, Kumamoto City

860-0811, Japan

©︎2019, Sada Laboratory, IRCMS, Kumamoto University.  ©2010 kumamoto pref. kumamon. #K32035